近頃のオンラインカジノゲーム

インターネットが普及してから様々なことがスクリーンを通してどこでも気軽に行えるようになり、オンラインカジノもその一つとして現在どんどん市場を拡大しています。日本では公営ギャンブルと言われる競馬、競輪、競艇、オートレース以外は法律で規制されていますが、オンラインカジノの拠点が海外にあるということで今のところ法律での取り締まりがなされません。

オンラインカジノの始まりはまず、1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアで正式なライセンスを発行する法律が可決され、その2年後の1996年にライセンスを持ったオンラインカジノが誕生しました。当初はゲーム数も少ないものでしたが、インターネットの環境も劇的に改善しプレーヤー人口もどんどん増加しています。日本では2011年ごろから本格的に始まり今日に至ります。

近頃のオンラインカジノゲームはインターネットの発達によりダイナミックなグラフィックスや音声も楽しむことができるようになり、ゲーム数が300以上もあるオンラインカジノも出現し、より臨場感のあるライブゲームも多く取り入れられるようになってきました。日本でも人気のあるオンラインカジノといえば、日本人向けと言われるジパングカジノやベラジョンカジノ、ワイルドジャングルカジノや、世界中でも人気のあるウィリアムヒル、ジャックポットシティカジノ、NetBetカジノ、888カジノ、ユーログランドカジノなどです。それぞれのサイトでカードゲームやスロット、バカラ、ライブポーカー、ライブブラックジャック、ライブルーレット、スポーツベッティングを始め、その他さまざまなゲームを楽しむことができます。そして近頃のオンラインカジノゲームの変わりどころとしては、北欧から発信のカジ旅があります。こちらは世界初、業界初のRPG型オンラインカジノで、他のオンラインカジノとは一風違った冒険ゲームを提供しています。従来のオンラインカジノとはまた違った形のゲームもこれからますます増えてくる兆しです。